老後に掛かる費用はどれくらい?

>

老人ホームにかかる費用

ゆとりある生活は月にいくらかかる?

これは持ち家の有無などの生活環境にもよって変わってきますが、平均すると夫婦で大体30万前後の計算になります。
老後の生活に対する想いは人それぞれであり、そこから必要な費用は変わってきます。
ゆとりある生活を目指すのならば月35万として30年分の生活費を計算すると1億2600万円必要となります。
貯蓄が2500万円では足りない!とニュースで話題になったのはこのような背景が伺えます。
しかし、派手な暮らしをしなければ無駄な支出を見直し、資産を運用することで充分生活は成り立ちます。
最低でも月額20万前後あれば生活していくことは可能でしょう。
さらにもしものためのお金も蓄えが欲しいところ。
介護、冠婚葬祭、住宅リフォームなど考えると思わずため息が出てしまいますね。

ゆとりある生活の内訳

先ほどゆとりある老後の生活を送るには月30万前後必要とお伝えしましたが、これはどういった内訳なのでしょうか。
アンケートなどで調査した夫婦世帯の金額平均なりますので、自分の生活を当てはめて考えてみると良いかと思います。

・食費 約6万円
・交通、通信費 約2万7000円
・教養娯楽 約2万5000円
・光熱水道費 約1万9000円
・保健医療費 約1万5000円
・住居費 約1万3000円
・家具等 約9000円
・被服等 約6000円
・その他 約5万4000円
・非消費支出 約2万8000円

こちらの調査結果では合計額が26万ほどとなっています。
その他には交際費や諸雑費が含まれていますので差額はそちらに使用している方が多いです。


この記事をシェアする